イースター(easter)/ポスク/北欧スウェーデンとは

イースター(easter)について

北欧イースター(easter)について

イースター(easter)北欧スウェーデン



イースター(easter)北欧スウェーデン画像001


イースター(easter)とは、スウェーデン語ではポスク(Pask)と言われ、本来はキリストの復活を祝う行事ですが、現在では厳しい冬が終わり春の訪れを祝って楽しむお祭りとなっています。
3/22~4/25の間で毎年祝日の日が変わる特徴もあります。

イースター(easter)といえば、カラフルな絵で装飾された卵、[エースターエッグ]
たまごは新しい生命が誕生するため、復活の象徴とされていて、スウェーデンでも子供から大人までみんなで卵にカラフルな絵を描いたり、お家の中に隠してあるイースター(easter)エッグ探しをして楽しみます。
お家の中に隠すエッグは、卵型の入れ物の中にお菓子を入れて、子供たちには内緒でワクワクしながら植木鉢のかげや置物の後ろなどに隠して、親子で楽しめるみんなが大好きなイベント。

また、白樺の枝にカラフルに色づけされた羽を付けた[ポスクリス]という飾りをたくさん見かけます。
街中の景色がとても華やいで見え、スウェーデンのイースター(easter)(ポスク)らしさの一つです。

イースター(easter)北欧スウェーデン画像002

イースター(easter)北欧スウェーデン画像003


子供たちは魔女のコスチュームを着て近所を回ってお菓子をもらう楽しみもあり、ハロウィーンのような雰囲気でとてもにぎやか。
商店街では黄色い水仙のお花や、魔女、エッグ、ニワトリなどのエースターグッツが沢山ならび、見ているだけでイースター(easter)(ポスク)のお祭りムードも盛り上がります。

イースター(easter)北欧スウェーデン画像004


スウェーデンでこの時期に食べられる[セムラ(semla)]というお菓子。
このお菓子は、丸くて甘いパンに、アーモンドペーストと生クリームを入れ、パンの蓋をのせたシュークリームのようなもの。

スウェーデンでは16世紀にカトリックからプロテスタントにかわり、断食の習慣はなくなりましたが、本来は、四旬節の断食の際にしか食べられることがなかった伝統的なお菓子。
〈 四旬節(しじゅんせつ)は、イースター(easter)の46日前の水曜日からイースター(easter)の前日までの期間のこと〉
最近は、年明けぐらいからあちこちのベーカリーで売り出し、セムラの解禁日はオフィスのフィーカ(お茶の時間)でも必ず食べられたりと、スウェーデンの町中がセムラ一色になり食べない人はいないというほど身近で伝統的なお菓子です。

イースター(easter)北欧スウェーデン画像005


SHOPPING インフォメーション

北欧新着クリスマス商品

当日から翌営業日発送

楽天ペイ決済で楽天スーパーポイントが使える!貯まる!

代金後払いサービスでコンビニ、郵便局でお支払できます!

北欧のポストカードと切手をプレゼント

ラッピング・メッセージカード・熨斗

メールマガジン

お客様の声/レビュー

メディア掲載情報のご紹介

レビューで北欧デザインプレゼント!

北欧雑貨のインテリアブログ

instagram/インスタグラムは北欧雑貨のアットテリア

出店・ノベリティ・見積もり


営業日カレンダー

ピンクは休日です。
ご注文は24時間受付中です。
商品発送、お問い合わせなどのお返事は休み明けとなります。

ページトップに戻る

SEARCH 商品を探す

アウトドア